Pose Method of Running ポーズ・ランニング

ランニングフォームを意識して走力を上げよう!

Pose Method of Runningのテキスト(英書)の要約や原文と対訳を紹介しながら、アメリカの人気ランニングフォーム理論について考察してみる

34 ベアフット(裸足)ランニング RUNNING BAREFOOT

この記事をシェアする

ベアフットランニングで足裏を強化して、さらにフォームを洗練しよう!

Pose Method of Running, Chapter34, p219-222 要約、一部本文と対訳

  近年のランニングシューズの発達には目を見張るものがあるが、そのこと自体がある意味、問題を引き起こしているとも言えるかもしれない。ランニングシューズメーカーの広告では、その快適さや安定性、踵(かかと)のクッション性などを謳っている。それらは一見、走力を上げる効能のように思えるが、つまるところ、ランニング技術の未熟さを隠す人工的手段に過ぎないかもしれない。
 その中でもより有害なのは、踵クッションでありランニング技術の未熟をを助長させる可能性が高い。すでにポーズメソッドを学んできた皆は適切なランニング技術に足前部での着地が含まれていることは周知のことと思います。事実、踵着地は痛いはずだ。人間の足はそのように走るようには設計されていないのだから。しかし、ヒール部に厚く保護されたクッションのあるランニングシューズを履いて走ることによって、踵で着地しても痛みがないばかりか、踵以外で着地することができなくなるかもしれないのです!
 ランニングシューズを脱ぎ捨てて少し走ってみれば、踵着地が人間の長距離走行にはとてもじゃないが向いていないとすぐに気づくことでしょう。そして自然にポーズランニングのスタイルに近づき、ストライドはコンパクトになり、足前部着地をせざるを得ないでしょう。
f:id:Tomo-Cruise:20170331001020j:plain 興味深いことに、近年陸上長距離界において世界的に上位を独占しているアフリカのランナーのランニングフォームを観察してみると完全なポーズランニングのスタイルとなっていることに気づきます。それらのフォームは直観的に得られたものでもコーチから教え込まれたものでもないでしょう。幼少の頃から靴を履かずに未舗装の道を走り回っていた結果なのです。ベアフットランニングが彼らに適切なランニング技術を示したと言えるのです!

f:id:Tomo-Cruise:20170331001214j:plain ものごころがつかない頃から靴を履いて育ってきた我々にとっては、足裏が柔らかすぎてとても裸足でマラソンを走るなんてことは考えられないでしょう、1960年ローマオリンピックのマラソン金メダリストのアベベエチオピア)のようには。しかし、ベアフットランニングを慎重にではあるが実践することによって得られる恩恵はランニング技術の習得にとって大きいのです。

 

 

On the physical side, barefoot running will help develop local strength around the ankles and feet. Stability shouldn’t come from the artificial means of a wide-platform shoe, but from strong muscles, joints and connective tissue. Developing this strength, instead of buying it, will greatly reduce your chances of being sidelined by Achilles tendonitis, plantar fasciitis or other common runners’ injuries.

It stands to reason that the proper alignment of the entire body flows from proper foot placement during the landing phase of the stride. Land with the foot too far in front of the body, off-center, or on the heel, and your whole body will be out of alignment. Barefoot running, which pretty much forces you to land on your forefoot, goes a long way toward setting up proper alignment from the feet all the way to the crown of your head.

身体的にはベアフットランニングによって足関節(足首)や足周りなどの局所的強化を促します。安定性は幅広厚底のシューズなどの人工物から得られるものではなく、強靭な筋肉や関節、結合組織から得られるのです。機能的なランニングシューズを買う代わりにそれらの部分を強化することによって、アキレス腱炎や足底筋膜炎、その他のランナーのよくある怪我に見舞われるリスクが一段を減るのです。
 そのわけは、適切な全身の連携というのはストライド中の着地時の適切な足の位置によって決まるからなのです。身体の前方向に着地してしまったり、重心が左右にずれていたり、踵で着地していたりすれば、全身の連携は崩れてしまうでしょう。フォアフット(足前部)着地を半ば強要するベアフットランニングは、足から頭頂までの適切な連携を身体に覚えこませるのです。

 ベアフットランニングを実践することの恩恵をまとめてみると:適切な着地(足の前部)を促し、身体は完全に連携し、足まわりは強化され安定度を増し、さらには筋力弾性と支持脚の着地時間を短縮させるのです。もう接地時間を短縮させるべく熱い炭の上を走るようにイメージする必要など無いのです。つまるところ、裸足で走るということはポーズメソッドを身に着ける近道なのです。
 他のポーズメソッドにおける強度調整のエクササイズと同様にベアフットランニングも少しずつ身体を慣らすことから始めましょう。裸足でのウォーキングで足裏の皮を厚くしてから走り始めるくらいでも良いでしょう。
 

f:id:Tomo-Cruise:20170331001418j:plain ベアフットランニングを始めるのに適した場所として砂の上もしくはトラックがおすすめです。双方とも足を痛めるリスクを最小限にとどめつつ足裏の着地感覚を磨き上げることでしょう。砂上ではより強度調整向きで、トラックはフォームの微調整に向いています。

 初めのうちは、適切なフォームを探りつつ25メートル程度の距離を何本か繰り返し、裸足でのランニングに慣れてきたら徐々に距離を伸ばしていきましょう。このエクササイズの目的は強度と身体コントロールを開発することであり、忍耐力を付けることではありません。ベアフットランニングは月間走行距離を積み上げるようなカウントはせずに休息日に試しに始めるべきエクササイズなのです。