Pose Method of Running ポーズ・ランニング

ランニングフォームを意識して走力を上げよう!

Pose Method of Runningのテキスト(英書)の要約や原文と対訳を紹介しながら、アメリカの人気ランニングフォーム理論について考察してみる

8 驚くほどの軽やかな走り THE INCREDIBLE LIGHTNESS OF RUNNING

この記事をシェアする

Pose Runningでドタバタ走りから、タッタッ走りへ!

Pose Method of Running, Chapter8, p41 - 43 要約、一部原文と対訳

 著者のいうドタバタ走りとは、体の前方へ、かかとから着地し、膝が伸びているような走り方をいう。この場合、地面からの衝撃を吸収できずにもろに全体重が足にのしかかり、結果的に足が接地する時間も長くなる。そして現象として足音も大きくなり、ドタバタ(もしくはドサッドサッとかザッザッ)と聞こえてくる走りとなる。

初心者が踵(かかと)着地を避け、足前部で接地しようと意識しすぎると、ぎくしゃくして不自然なフォームになってしまうかもです。ある程度ピッチを上げて走れるようになり、(下の原文にある通り)接地後の足がコンパクトに尻の下に引き上げられていれば、自然と踵接地は避けれます。ので自然と足前部接地となるまでは、足裏全体で接地するイメージでいるとフォームがぎくしゃくしないと思います。

By contrast, when you master the Pose Method of Running, you will experience the Incredible Lightness of Running. The knees always stay slightly bent, to fully absorb any road shock. The foot strikes the pavement only at the forefoot and stays on the ground for the minimum amount of time possible. And most importantly, the foot strike comes directly below the body and not out in front.

対照的に、Pose Method of Runningを身に着けたなら、君は驚くほど軽やかな走りを手に入れるでしょう。地面からの衝撃を十分に吸収するよう膝は常にかすかに折られていて、着地の時間をできるだけ短くするように足の前部で地面を蹴りあげているのです*1。そして最も気を付けるべきは、蹴り上げた足は体の真下に真っすぐ来ることであり、前方に外れてはならない

C-8.jpg  

懸命に走ろうとすればするほど、上図の左側のような足運びになりがち。右側の足運びになるには、足の引き上げ方(位置)と降ろし方(前に振り出さずに真下に降ろす)に注意しピッチを上げることを意識する(結果として下の原文にもある通りタッタッ走りとなる)。

Instead of pounding the pavement, you now are virtually hovering above it. Listen. Instead of thud,thud,thud you now hear tap, tap, tap. Focus on the tapping. As your leg speed increases, you want the tapping to become less and less audible. Each brief tap is your only contact with the ground. You are no longer thudding the full weight of your body through the pavement, you're keeping it suspended above the pavement. This is the Incredible Lightness of Running.

舗道をドタバタ走るかわりに、今や君は実質的に舗装の上を浮くように走っている。ドタドタがタッタッという足音に。足音に意識を向けてみよう。脚の回転を上げるにつれて、自然と足音はより小さくなってくことがわかる。その小さくなる足音が意味するのは、足と地面との接点の時間が比例しているということ。君はもはや全体重を舗道にたたきつけるような重い走りから開放され、舗道の上に体を吊り上げられているようなっている。それこそが、Incredible Lightness of Running(驚くべき軽快な走り)だ。

 

*1:”蹴り上げる”といっても力まないで接地後に素早く足を上げる