Pose Method of Running ポーズ・ランニング

ランニングフォームを意識して走力を上げよう!

Pose Method of Runningのテキスト(英書)の要約や原文と対訳を紹介しながら、アメリカの人気ランニングフォーム理論について考察してみる

11 ランニングポーズ基本姿勢 THE RUNNING POSE

この記事をシェアする

基本のポーズをビジュアル的に把握しよう!

Pose Method of Running, Chapter11,  p55-59 要約、一部原文と対訳

Pose Method of Runningの中核をなすのが、このRunning Poseなのです。これは、ランニングサイクル中の無数にある姿勢の中のある1つの姿勢(Pose)であり、Pose Methodにとって重要な姿勢なのです。

f:id:Tomo-Cruise:20161218211851j:plain

ランニングの姿勢(pose)は時空的に幾重にも変化する。その変化する中でRunning Poseというただひとつの姿勢は、世界的に活躍したランナーの映像の検証を通して、前後の予備動作も含む身体運動学を考慮して割り出したものだ。また、この姿勢は最適な動作を生み出すだけでなく、無駄な動作を防ぐ役割も果たすという点も重要だ。

   ←4方向からのRunning Poseイメージ

 

The Running Pose is distinguished from the thousands of positions in the running cycle in three critical ways: balance, potential energy and resilience.
In the Running Pose, the runner is perfectly balanced on his or her support. A direct line of the body goes from the head, through the shoulders and buttocks all the way to the ball of the foot that is in contact with the ground. The heel of the support leg is slightly higher than the ball of the foot and may even lightly touch the ground, but the weight of the body always rests only on the front part of the foot and not on the toes.

Running Poseは、何千ものランニングサイクル中における姿勢から、次の3つの要素により決定的に区別されるのです:バランス(均衡)、位置エネルギー、弾力性によって
Running Poseにおいては、ランナーは支持脚により完璧に均衡(バランス)を保っている頭から、肩、臀部(尻)を経て地面との接地点である母指球周辺まで一直線となっている(下画像)。支持脚のかかとは、微妙に浮いているか、軽く地面に添えらる程度で、体重はつま先側ではなく、母指球周辺にかかっている。

 

C11running strideC11verticalAlignment.jpgC11 ball of foot

By running in a position of perfect balance, the runner wastes no energy in extraneous movements that only serve to correct balance. That is why so much attention will be paid at the beginning to perfecting the running pose. In the same way that figure skaters spend so much time with school figures before doing spins and jumps, you must master the simplicity of the Running Pose before moving on to the intricacy of actually running.

 完全にバランスのとれた姿勢で走ることによって、ランナーは余計な動作に使うエネルギー浪費を抑えることができる。それゆえに、まずはじめにRunning Poseの習得に対して集中する必要があるのです。フィギュアスケート選手がスピンやジャンプに臨む前に規定の課題練習に相当な時間を割くのと同様に、ランナーはランニングの実践的技術面の調整以前にRunning Poseという基本姿勢を完璧に習得しないといけない

 

 The Running Pose is also the most compact and "ready-to-go" position of the body, allowing its most effective movements during its interaction with the support. In other words, it is in the position of maximum potential energy. Like a ball on the edge of a table, a body in the Running Pose is ready to roll, so to speak.
Finally, the Running Pose is the pose of resilience. The body is in a spring-like with all key muscle groups relaxed and ready to fire. The elasticity of the muscles is optimized; the body is "loaded" with energy.

 Running Poseはまた、最もコンパクトで、すぐに次の動作に移れる姿勢で、支持脚が替わる際の最も効率的な姿勢でもある。言い変えれば、潜在力を最大限に秘めた姿勢といえる。まるで、テーブルの端に位置するボールのように、Running Poseの姿勢はいつでも転がり落ち始めることができる状態にある。
最後に、Running Poseは弾力性(跳ね返り)のある姿勢でもある。身体は、スプリングのような状態になっていて、主要な筋肉群はリラックスしており、いつでも動力源として発揮できる状態だ。筋肉の弾性は最適化されており;身体はエネルギーをため込んでいる状態といえる。

 

youtu.be Running Pose基本姿勢の習得には、動画にあるような反復練習が役に立つだろう。他にもPose基本姿勢の動画はyou tubeにアップされているが、言葉で説明しているものが多く、ビジュアル的・感覚的にはこの動画(説明がない)がイメージを得るのにとても参考になる。