Pose Method of Running ポーズ・ランニング

ランニングフォームを意識して走力を上げよう!

Pose Method of Runningのテキスト(英書)の要約や原文と対訳を紹介しながら、アメリカの人気ランニングフォーム理論について考察してみる

41 トレーニングでポーズ技術を留めておく RETAINING THE POSE TECHNIQUE IN YOUR TRAINING

この記事をシェアする

最終章:生涯をかけてポーズメソッド習得をめざそう、その価値はある!

Pose Method of Running, Chapter41, p301-304, 翻訳と要約

 すぐに満足感を求めてしまう近頃では、望むものは何でもすぐに手に入ると錯覚してしまう人が多い。「体重を落としたい」とか「一千万円以上の収入を得たい」などと望めば、誰かしらが望みをかなえましょうと歩み寄って来ます。多くの場合、三分割の支払いで6週間あれば、という条件で。
 常識的な感覚があれば、より合理的な手段を選ぶことでしょう。しかし、合理的な手段というものは、献身的で勤勉で、目標に対しての確固たる覚悟という代価が求められるのです。そして多くの人はそのために切望するものを手に入れることをあきらめるのです。目標に向かって長期間献身的でいることが困難であることを思い知って、たいていは目標にしていたことをあきらめて、やり過ごしてしまうのです。まあ、そんなに簡単に望むものが手に入るのであれば、それほど価値のあるものでもないし、誰もが手に入れていることでしょう。
 もっとも肥満な人がその体形のままでいるのも、もっとも低収入な人が低い課税区分なままでいるのも、運命のせいではないのです。それは理想に近づく合理的な計画をやり遂げる、と自分に公約しないからなのです。身体的スキルであるポーズメソッドを身につける際も同じことが当てはまります。ポーズメソッドの基本技術は初心者でも実践し理解することはできると思いますが、完全に、そして統合的にポーズメソッドを自分の身体や精神に染み込ませるには一生かかることもあるのです。
 ポーズメソッドを学んでいくうちに、ポーズランニングを長い距離において維持するにはどうしたらいいかという壁に間違いなくあたることでしょう。ここまで学んだあなたは、その概念を理解し、ポーズメソッドの比較的短い距離での走り方は立派に身についていることでしょう。が、距離が伸びると集中力がきれ、フォームが崩れるかもしれません。
 それは理想像への追及に挫折するのと同じ状況といえます;集中力が切れ、思い悩んでしまうという状況です。新たな目標に向かっていく場合、はじめのうちは目の前の課題に対してとても集中できていますが、大抵の場合、元の生活習慣が取り直してくるでしょう。何度もダイエットに励む者は、普段の生活習慣に囚われ、ファーストフードやドライブスルーの便利さを思い出し、結局は脂肪分の多い食生活に戻ってしまう;熱心に投資家を目指したものの新車に散財してしまい、よく練られた資金運用計画を転換してしまう、などはよくあることだ。
 同じようなことが完璧なトレーニング計画を練った一般ランナーにも起こっているといえる。特に初めの習い始めのうちは、新鮮さもあり、集中してやる気も満々でしょう。新たに接するポーズメソッド技術の複雑さを会得しようと必死に理解しようと務めることでしょう。しかし、走り続けるにつれて、道を横断することに気をとらわれたり、散歩している犬に反応したり、いつの間にか元のペースに戻っていたりするのです。雑念の占有率が高まってしまい、仕事のことや週末の計画のことが頭に浮かんできてしまうのです。そして、いつの間にか、けん怠感が忍び込んでくるのです。
 走り始めは技術に集中していたのに、今や頭の中は雑念でいっぱいです。そして熱心にマスターしようと励んでいた肝心のフォームが崩壊してしまうという結果になってしまうのです。たとえそれほど疲れていなくとも、最善の策はランニングを止めることです。もしくは一旦休憩し頭を再整理するか、日を開けることです。大事なことは、ランニングに精神を集中できる時にだけ走ることなのです。フォームが崩れたまま走り続ければ、その走り方が身についてしまうのです。
 他にも集中力を欠いたことによって徐々にトレーニングの質が下がることもあります。ポーズメソッドを学び始めた頃は、ランニングの上達に対して貪欲であり技術向上も実現していきます。ところが時間が経つとその勤勉さが弱まり、あれこれ考えずにただ走ることを楽しもうと考え始めるのです。もしくは、いくつかのポーズメソッドの要素のみを自分流に抜き出してアレンジしているかもしれません。とりあえず快適に走るには「脚は伸びきっていないか、フォームはフレーム内にとどまっているか、地面を跳ねていないか」が重要であると言い聞かせて。
 一定の要素をアレンジすることは悪いことではなく、何年も故障なく走ることの秘訣となっていることもあり自分にとって良いことでしょうが、適切に走ることはできていても上手く走れているとは言えません。フォームが適正でも、身体各部が機能的に弛緩できているとは言えません。ピッチを上げることや支持脚の接地時間の極小化などの重要要素を無視していると、記録が伸びない快適範囲に入ってしまうのです。そして停滞期に長らく留まることになるのです。
 興味深いことに、ポーズメソッドでより長く速く走ることを妨げている様々な要因の中で身体的疲労の順位が最も低いのです。上手く走ることは、ゴルフや体操やバレエの素晴らしいパフォーマンスと同様、実に強い精神力から引き出される身体的な現れなのです。タイムが伸び悩む停滞期に入ったときは身体的な限界点に達したのではないのです;それ以上速く走る必要がないと意識的に決めているに過ぎないのです。
 これにはかなりの皮肉が含まれています。純粋に物理的観点からは、ポーズメソッドそのものは至って単純な構造だと言えます。17章の「何もするな」冒頭のサン・テグジュペリ(作家、パイロット)の引用文が語るように、理想的には、ポーズメソッドは余計な動作は全て取り除かれ、残っているものは前進するのに真に必要な動作だけなのです。

pose-running.hateblo.jp


 ランニング動作から余計で無駄なエネルギー浪費を全て無くし自然本来のフォームを手に入れても、精神力強化の必要性は増すのです。ポーズメソッドの技術修得においては、ランニングの物理的技巧だけではなく、徹底した集中力も含めた総合的なアプローチが必要なのです。
 技巧の修得における初期段階では、ポーズメソッドの正しい走り方を30mほど実践できれば十分でしょう。そしてポーズメソッドでより自然に走れるようになったら、5キロくらいまで距離を伸ばしつつフォームの微調整や修正を繰り返していくのです。
 適切な技術を維持しつつ距離を伸ばしていくのはそれほど容易なことではありません。肉体的疲労からフォームが崩れると思い込んでいると、距離を走ったことの疲労から動作に対する集中力が途切れてしまいます。しかし真実は逆なのです:フォームを崩さないことが身体的疲労を遅らせ、パフォーマンスを維持させるのです。そして適切なフォームを維持させる秘訣は精神的・心理的な訓練にあるのです。
 ポーズメソッドを習得する過程は一生涯続くものなのです;単純な物理的動作の初歩的な修得段階から始まり、複雑な心理的な強化訓練へと進んでくのです。その過程に長期休暇はありません、絶え間なく学び、調整あるのみなのです。走るたびに新たなスキルに近づくチャンスがあり、レースのたびに肉体的・精神的な限界を探るのです。
 そのうちポーズメソッドで走っていることを意識しなくなり、純粋に、単に走っている状態になることでしょう。つまるところ、これが全てなのです。ランニングとはあるがままの単純さと、理解できる範囲の複雑さが共存する動作なのです。そのことがわかった時、あなたはポーズメソッドを会得できたと言えるのです、単に長距離をではなく、一生涯、快適に走れるようになったのです。