Pose Method of Running ポーズ・ランニング

ランニングフォームを意識して走力を上げよう!

Pose Method of Runningのテキスト(英書)の要約や原文と対訳を紹介しながら、アメリカの人気ランニングフォーム理論について考察してみる

付録B Appendix B

この記事をシェアする
Pose Method of Running, p311-313, 翻訳

ランニングのよくあるエラー Common Errors in Running

エラーとは標準からの逸脱と定義される。

A. 痛み Pain

 ・痛みの根本原因は一つであるー間違った動作をどこかでしているのです。支持脚と(そして支持脚を通して引力と)身体が相互作用している中で、何かが起きている、もしくは起きつつあるという警告なのです。

B. エラーリスト List of Errors

  1.  踵(かかと)から先に着地すること
  2. 脚を伸ばして踵で接地すること
  3. 身体の前方で着地することーストライドが大きすぎる
  4. ハムストリング(裏腿)ではなく、大腿四頭筋(表腿)を使っている(脚を地面に押し込んでいる);腿を振りながら引上げ、膝は前方に上がっている
  5. 身体の後方で着地して、かつ、つま先から着地している(重心が足の後方に流れている)
  6. や足首を固めての着地
  7. 自ら働きかけるような積極的着地
  8. 全体的な筋肉の緊張
  9. 積極的押し込みーつま先離地、脚を伸ばして身体を前進させる
  10. 離地してから脚を後方へ残すこと
  11. 体幹横や前方に傾けること
  12. 肩を上げて固める続けること
  13. 腕を激しく上下させること
  14. 間違った理論(による自分への指示)
  15. 間違ったイメージ(による視覚化)
  16. 間違った感覚(による筋肉の緊張/弛緩)

 

C. エラーの見分け方、種類(よくある関連している故障による分類) How to identigy them (by common related injuries)

 

f:id:Tomo-Cruise:20170919060325p:plain1.踵(かかと)からの着地(踵で地面をたたく)   / 脚を伸ばす

  • 膝関節痛(膝蓋骨痛)
  • 臀部痛
  • 腰痛

 f:id:Tomo-Cruise:20170919060343p:plain2.前方や膝関節より前の着地

  • 疲労骨折
  • シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎;すねの痛み)

 

 

   f:id:Tomo-Cruise:20170919060359p:plain3.大腿四頭筋の使い過ぎ

  • 筋肉痛
  • 踵で地面をたたくことにより、やがて膝関節痛へ
  • ハムストリング損傷

 

  f:id:Tomo-Cruise:20170919060413p:plain4.つま先での着地(踵を上げすぎている)

  • シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎;すねの痛み)
  • 足底筋膜炎
  • アキレス腱炎
  • ふくらはぎ筋肉痛

 

 f:id:Tomo-Cruise:20170919060425p:plain

5.硬直した脚/足首での着地

  • 足底筋膜炎
  • アキレス腱炎

 

 

 

f:id:Tomo-Cruise:20170919060444p:plain6.積極的な着地

  • 足首/脚の硬直化
  • 足底筋膜炎
  • アキレス腱炎